思わず笑った!子供たちの名言集①


保育の現場にいると、思わず「クスリ(笑)」と笑ってしまうことが度々あります。時には、大笑いさせられることも!

毎日どんなに忙しくて仕事が大変でも、子供たちの“迷言”に癒されます。

そこで、今回は、毎日元気な子供たちのおもしろ迷言をご紹介します!

 

1.氷もってきてあげようか!

ある冬の寒い日、子供たちに水が凍るのを見せてあげたいと思い、砂場のおもちゃに水を入れてお外に並べていた私。

「先生、先生。なにしてるん?」

子どもたちがどんどん集まってきます。

「うん、この氷をお外においていたら、明日凍るかなって思って。みんなにみせたいなー。」

子どもの一人が答えます。

「先生!そんなに氷がいるの??それなら氷ならぼくんちの冷凍庫にいっぱいあるよ!明日もってきてあげようか!」

 

私は、水が凍って氷になるところを子供たちに見せたかったのですが、氷なら冷凍庫にあるよ!という言葉に思わず笑ってしまいました。

 

2.後ろがいい!
長かった髪の毛を切ってショートカットにした私。

すっきりして職場に向かいました。

子どもたちは、私の周りに集まってきて、「先生髪の毛きったんだー!」と大騒ぎ。

そこで、私は子供たちに聞きました。

「ねぇ、先生、髪の毛短くなったでしょ?前とどっちがいいかな~?」

すると子供の一人がいいました。

「後ろがいい!」

私は大爆笑!

子どもって本当に面白いし、正直ですね!

 

3.ねえ、先生の名前なんだったっけ?

ヘルプでほかのクラスに入った私。

正直すべての子供の名前を憶えているわけではありません。

一人の女の子が私のところに「先生、一緒に遊ぼー」とよってきました。

どうしても名前が思い出せない私は、その女の子に聞きました。

「ねぇ、本当ごめんね。あなたのお名前なんだったけ?どわすれしちゃった。」

すると、女の子は少し考えていいました。

「私も先生のお名前わすれちゃった!なんだっけ?教えて!」

うーーん、参りました!

子どもに一本取られた気分です。

 

4.先生にプレゼントしたいなぁ!

私の勤務する保育園では、お泊り保育があります。

キャンプファイヤーのあと、みんなで手をつなぎお泊りするおうちに帰っていました。

空を見上げると、満天の星。

キラキラ輝いていてまるで宝石箱のよう。

お友達の一人が言いました。

「先生、ロマンティックな夜だねぇ!あの星をとって先生にプレゼントしてあげたいなぁ!」

私は子供の言葉にほっこり。

きっと、今夜子供たちはみんな素敵な夢をみてくれることでしょう。

 

5.うらめしや~!

お昼ご飯のあと、さっきまで遊んでいたHちゃんがみあたりません。

「Hちゃーん、Hちゃーん」

私は心配してずーっと名前を呼んで探しました。

もしかして…と思い、トイレのほうへいくと、突然ドアが開きます。

「うらめしや~!」

Hちゃんが両手を前におろしてお化けになって出てきたのです!

わたしはもうびっくり!

けれど、この子供らしい表現につい叱ることも忘れてしまいました。

でも突然いなくなったら心配するよ!

 

6.先生、にらめっこしよう!

保育園の行事が続き、私は少し疲れていました。

それが顔にでていたのでしょう。

突然子供が私に近づいてきていいました。

「先生!にらめっこしよう!」

そういって歌い出します。

「だーるまさん、だーるまさん、にーらめっこしーましょ、わろたらだめよ、あっぷっぷ!」

子どもの変顔に私は思わず笑ってしまいました。

「やったー!先生が笑った!」

子どもは大喜び!

元気のない私に笑ってほしかったのでしょう。

「ありがとう!」

思わず私はそういって、その子をぎゅっと抱きしめました。

本当子供は天使!

子どもが心配するような表情をしていた自分を反省すると同時に、子どもから元気をもらいました。

だから保育園での仕事はやめられない!

 

子どもの一言一言のつぶやきが私たちを元気づけてくれます。

今日はどんな発見があるのだろう?

そう思うと、わくわくドキドキ。

保育の現場には子ども達との楽しい瞬間がいっぱい。

沢山の子供らしいおもしろ迷言が私の元気の源!!

そう、子供たちの光る瞬間を見つけるのが私たちの仕事!!

 

 

保育士の求人
保育士の求人