面接で必ずおさえる5つのポイント


1.セールスポイントは、「〇〇したい」より、「〇〇できる」

自分の「都合」ではなく、保育園の「利益:必要なこと」を

転職活動は保育園との交渉だと考えれば、「希望」ではなく、保育園側が身を乗り出すこと、「〇〇できる」「〇〇の実績がある」「〇〇の経験がある」といった話を基本に置きましょう。

 

2.面接で重視されるのは、仕事の進め方=あなたの仕事のスタイル

仕事スタイルは、あなたの性格を反映します。面接官はそこを見ています。
あなたの仕事スタイルが「職場にもたらす好影響」を語れるよう準備しましょう。

 

3.小難しい言葉ではなく、「日常のちょっといい話」を

些細なことでかまいません。
「ああ、みんなと仲良くやれるいい人だな、保育園にピッタリだ」ということが想像できる事例を自分の言葉で話しましょう。

 

4.独自の志望動機を考える

志望動機には類似性(軸)があったほうが、保育園には本気度合いが伝わります。
保育観、仕事観など。
ここでの注意点は自分の考えを語るだけでなく、あくまでも協調性を保ちながら、仕事を進めることができることを伝えてください。

 

5.退職理由について

「退職理由」は必ず必要。「悪い」ではなく「合わない」と

今の保育園が悪いのではなく、私にはいろいろ頑張っても「合わせられない」部分があるという方向で、現状を伝えるのがいいでしょう。今いる保育園とどこが合わないかを出発点において、それを明確な言葉で伝えてみてください。

保育士の求人
保育士の口コミ
保育士の求人
保育士の口コミ