思わず笑った!子供たちの名言集③


保育の現場にいると、子供たちの言葉に笑ってしまうことが度々あります。

時には、どきっとさせられることも!

毎日どんなに忙しくて仕事が大変でも、子供たちの“迷言”に笑い、癒され、子供たちのことがどんどん好きになっていきます。

特に2歳児の子供たちは、私たちの予想もできないような発言をすることもあります。

そこで今回は、毎日元気な2歳児の子供たちを中心に、おもしろ迷言パート3をご紹介したいと思います。

 

1.「あ!死んでる!」

保育園のお散歩中の出来事です。

子どもたちはダンゴムシを見つけたり、虫取り網でちょうちょを追いかけたり、とても楽しそう!

その時、ダンゴムシを探していた園児の一人、Tくんがいいました。

「あ!死んでる!」

「え!?どこ?」

私はてっきりダンゴムシが死んでいるのかと思い、T君に尋ねました。

すると、Tくんは言いました。

「死んでるの、はっぱが。」

Tくんの見つめている先には、枯れ葉が横たわっています。

子供にとってはすべてがいのちあるもの。

Tくんの感性に私はおもわずほっこりしました。

 

2.「寝ないとどうなるの?」

保育園でのお昼寝の時間、なかなかお布団に子供たちが入ってくれません。

とんとんしようとしても、むくっと起き上がり、眠たくなる音楽をかけてみても効果なし。

なんだか興奮気味で騒いでいる子供たちに、私は苦肉の策で言いました。

「もう!お昼寝しないなら、私、園長先生に言っちゃうからね!」

今思えば何とも幼稚な子供みたいな発言です(笑)

すると子どもたちが言いました。

「えー!先生!園長先生に言ったらどうかなるの?」

「寝ないとどうなるの?」

何とも鋭い質問!

子どもたちは、園長先生が優しくて怒らないことを知っているのです。

子どもたちのほうが一枚上手でした。

 

3.「おうちにどろぼうがはいったんよ!」

週明けの月曜日、Sくんが私のところにきていいました。

「先生、きいて!昨日、ぼくんちに泥棒がはいったんよ!」

私はびっくりしてききました。

「えっ!ほんとに!」

すると、Sくんは答えます。

「うん、ママの財布がとられた!」

「大変だったねぇ。」

私は、Sくんの話を聞きます。

「ママのバッグもとられたの!」

「えっ!バックも!」

「そう。そしてね、テレビもとられたん!」

「えーーー!!テレビも!!」

Sくんの話は続きます。

「そしてね、車も!!」

「車も!!」

最後にSくんはいいました。

「そしてね、そしてね!おうちも!!」

だんだんと大きくなる子どもの話。

さすがにおうちはないでしょう、と私は大笑いしてしまいました。

おうちがなくなったら保育園から帰れないよ~!

 

4.「おばあちゃん、早くおかえりなさいね~!」

5時になったら、市内全域に“夕焼け小焼け”の音楽が流れます。

この音楽は「おうちに帰ろう」の合図。

市内で遊んでいる子供たちは一斉におうちに帰ります。

Tちゃんは、保育園でママのお迎えをまっていました。

その時この“夕焼け小焼け”が鳴り始めました。

ちょうど、お迎えに来たのは、ほかの子のおばあちゃん。

すると、Tちゃんはそのおばあちゃんに言いました。

「おばあちゃん、外は危ないから、早くお帰りなさいね~!」

おばあちゃんも笑顔で答えました。

「はい、ありがとうねぇ!」

その会話に聞いていた私はほっこりしました。

 

5.「先生にあいたいなぁ!」

お休みをしているH先生が来ていないことに気づいたK君。

「ねぇ、先生。H先生はどうしてこないの?あっちをみてもこっちをみてもいないよ」

左をみたり、右をみたりきょろきょろしています。

「いつも向こう側からきてるけど、見えないよ。先生にあいたいなぁ!」

と窓のほうに行ってじーっと見つめています。

その様子がとってもかわいくて、次の日、H先生に報告するととっても喜んでいました。

 

子どもたちの言葉は魔法の輝きです。

子どもたちの毎日の発見は私たち保育士の発見でもあるのです。

今日はどんな発見があるのだろう?

そう思うと、わくわくドキドキしてきます。

保育の現場には子ども達との楽しい瞬間がいっぱい。

そう、子供たちの光る瞬間を見つけるのが私たちの仕事!!

 

 

保育士の求人
保育士の求人