「この次何が起こる?」危険予測をしよう


保育園では、安全に一日を過ごすことがとても大切ですね。
大きな怪我や、トラブルが起きないように保育士は細心の注意を払っています。

今日は「危険の予測」について考えてみましょう。

 

大切なのは想像力

危険の予測は、常に先の出来事を想像することによって行います。

「3歳児が保育室から散歩に行って遊ぶ」という設定で危険予測をしてみましょう。
(特に新人保育士の方は、次を読む前に自分で危険予測をしてみてください)

 

  • 保育室から一度にテラスに出る時、押し合いになって怪我をするかもしれない
  • 靴箱の前でぶつかるかもしれない
  • 靴を履いた後勝手に園庭を走り回るかもしれない
  • 手をつなぐ時に「〇〇ちゃんがいい」と揉め事が起こるかもしれない
  • 門を出る時に駆け出して先に行ってしまうかもしれない
  • 道路にとび出すかもしれない
  • よそ見をして電柱にぶつかるかもしれない
  • 歩く速度が違い遅れる子が出るかもしれない
  • 公園に着いたら勝手に遊具に行ってしまうかもしれない
  • 滑り台を逆登りしてぶつかるかもしれない
  • 遊具の上でふざけて落ちるかもしれない
  • 走り回ってブランコをこいでいるところに突っ込むかもしれない
  • 黙って公園を出て行くかもしれない
  • 落ちているものを触ったり口に入れるかもしれない
  • 散歩中の犬に触って噛まれるかもしれない
  • 公園にいる時に地震など災害が起きるかもしれない
  • 転んで怪我をするかもしれない
  • 水を飲もうとして噴水のようになり濡れるかもしれない
  • 帰らないとぐずりその場から動かなくなるかもしれない
  • 帰り道疲れて足がもつれるかもしれない
  • 園が近いと思うと手を離して駆け出すかもしれない
  • 早く保育室に入りたくて入り口に殺到するかもしれない

 

いかがでしたか?もちろんこれは一部です。
こんなに思い付きませんでしたか?
私自身も改めて言葉にしてみるとすごい多いなーと思います。
でも保育士は常に、このような「危険予測」をしていなければなりません。

今回は「散歩」でしたが、本当は一日の活動の全てで行うことですね。

 

なぜ予測が大切なの?

起こる全てのことに瞬時に対応できれば問題ないのですが、それは無理な話です。
ならば、「予測」して「準備」や「構え」を作っておくしかありませんね。

実は大切なのはこの「準備」や「構え」なのです。
上で例に挙げた「保育室から一度にテラスに出る時、押し合いになって怪我をするかもしれない」で考えてみましょう。

保育室から一度にテラスに出る時、押し合いになって怪我をするかもしれない「から」どうしますか?

私なら少人数ずつ出すために、「男の子どうぞー」と呼んだり、時には「〇〇ちゃんどうぞー」と一人ずつ声をかけ、たとえ3秒でも間を作るようにします。

あなたならどうしますか?

上の例の全てに「から」をつけて続きを考えてみてください。
それが「予測」して「準備」や「構え」を作っておくということです。
その準備や構えがあるからこそ、本当にそうなりそうな時に対処ができますし、そもそも危険な状態を起こさないことができるのです。

 

声に出してみよう

ベテラン保育士はこのような危険予測が全て頭の中に入っていて、その対応も完璧な状態で整理されているはずです。
それは、毎日の経験の積み重ねがあるからです。
「同じ失敗は二度と繰り返さない」という気持ちでもありますね。

では、まだ経験の浅い保育士はどうすればいいのでしょうか?

まずは、自分でした予測を声に出してみましょう。先輩保育士に確認するような言葉でもいいと思います。

 

上記した散歩に出る場面では

「出口危ないので気をつけます」
「テラスに一度座らせます」

などのように言ってみましょう。

 

もしも間違っていたら先輩が
「今はこっちをみて」などと返してくれると思います。
その時は「あ、間違っちゃった」とは思わずに、「こっちもみなくてはいけないんだな」と一つ勉強になったと思いましょう。

また自分だけの時も、「ブランコ危険・滑り台逆登り禁止・公園出入り口注意」とつぶやいてください。
声出し確認はとても効果的な「意識を高める方法」です。

特に、忙しい時間帯はしなければいけない事に気をとられがちで、注意力が散漫になります。そんな時こそ、声出し確認で気持ちを引き締めましょう。

大きな事故の裏には、確認不足や油断など必ず原因があります。いつでも「今何が起こるだろうか?」という予測をしながら動いていきましょう。

 

保育士になりたい、保育士に興味のある方は
ぜひお気軽にご相談ください。