そのケンカ。チャンスです


毎日の保育の中で、必ずと言っていいほど起こるのが子供同士のトラブル「ケンカ」です。
それは年齢に関係なくどんな時でも起こる可能性があり、保育士が一番気をつけていることかもしれません。

あなたは「ケンカ」の時どんな対応をしていますか?

その対応は本当に子供の成長にあった物ですか?

 

今回は「ケンカの対応」を考えていきましょう。

 

乳児のケンカ

たとえ0歳であっても「ケンカ」は起こりますね。

保育士のひざを取り合ってまだおしゃべりできない赤ちゃんが「キーッ」と押し合う姿などは、担当としては「可愛いなあ」と思えるほほえましい姿ですが、だんだんと成長してくると噛み付きなどが加わってきて、笑っている場合ではなくなってきます。

乳児は言葉をうまく使いこなせないために起こる、「噛み付き」や「押す」「叩く」などの行為が問題になります。

 

乳児の場合はまず「トラブル」にならない環境を作ることが重要です。

できるだけおもちゃの数を揃えたり、遊びの空間を広くとったりすることで、無用な衝突を防ぎます。
おもちゃの取り合いや、場所の取合いなどは大人の配慮が足りなくて起こるものだと認識してください。
「かして」などのやりとりを促すことももちろんありますが、本来それは、大人とのゆったりした関わりの中で楽しんでするものです。

0、1、2歳の時期は、大人の関わり、環境の整え方一つで「トラブル」を防いでいきましょう。

 

幼児のケンカ

乳児の時代は、大人が環境を整えることでトラブルを防ぐことが大事だと書きました。

では、幼児クラスになった子供達に対してはどうでしょうか。

トラブルが起こらないように環境を整えることは、幼児クラスにおいてももちろん最重要なことです。
1日を過ごしやすく、遊びに集中できる環境にするのが私たち保育士の仕事ですよね。

でも、どんなに環境を整えていても「ケンカ」は起こります。
そしてそれは、子供の発達にとってとても大切な出来事なのです。

 

では、幼児のケンカへの対応を考えていきましよう。

 

ケンカが起きたその時

ケンカが起こった時にあなたはすぐにそばに駆け寄りますか?

これはどんなケンカでも同じ対応です。
必ずそばに行ってください。

すぐに介入する必要がない時もありますが、感情が高ぶると、叩いたりひっかいたりする行動が出ることがありますし、手に持っているものが武器になってしまいます。
思いがけない事故を防ぐために、必ず保育士の手が届く距離にいましょう。

この時の位置どりを間違えると、しなくてもいい怪我をさせてしまうことがあるので、とても大切です。

 

先入観を持たない

なぜケンカが起こったかわからない時に(その現場を見ていなかった時)、私たちはついストーリーを勝手に作ってしまいがちです。

「あーまたAくんがおもちゃをとったんだな」
そのような考えを一度頭から外しましょう。

言葉でのケンカが続いている時はその言葉をよく聞きます。
片方だけが一歩的に喋っている時は、もう片方の子供からも言葉を引き出します。

この時に先入観があると、
「ねえ、おもちゃとっちゃったの?」
と言ってしまいがちです。

子供から出てきた言葉以外は、この時には使いません。
子供から出てきた言葉は時として「言葉足らず」の状態です。

「僕のだ!!」
と叫んでいたら
「僕の何?」

「僕のブロックだ!!」
まで出てきたら
「ブロックをどうしたの?」

このように足りない言葉を、その子自身の口から言えるように援助していきます。

このやりとりは、保育士がケンカの内容を把握するのと同時に、ケンカの当事者たちに「言葉」で表す方法を教えるための大切なステップです。
先入観を持たないことで、子供自身の言葉を引き出す事ができます。

 

おうむ返しを上手に使う

話ていくうちにケンカの内容が保育士には見えてきます。
そうなってきたら、子供の言葉をおうむ返ししてあげましょう。

「僕が使ってたブロック!」……「そうかAくんが使ってたブロックなんだね」

「違う!! 僕がとっておいたんだ」……「Bくんはブロックをとっておいたんだね」

おうむ返しをする事で、子供は自分の言い分が先生に通じたという気持ちを持ちます。
もちろんケンカ相手にはまだ伝わっていませんが、第三者である先生がわかってくれたという安心感が生まれます。

この安心感によって心の落ち着きを取り戻すことができ、その後の相手の話に耳を傾けるという次のステップに移ることができます。

 

おうむ返しから、通訳に変わる

初めはおうむ返しをしますが、途中からは通訳のように、相手にその言葉を届けます。

「Aくんが使っていたブロックはBくんが使おうと思ってここに置いて置いたんだって」
「Bくんが置いて置いたブロックだけど、それがわからなくて誰も使ってないと思ったんだって」

この時に足りない言葉を補ってあげましょう。

この時に大切なのは「相手にも言い分があるのだ」ということをなんとなくでも理解させることです。
保育士の主観は、ここでもやはりいりません。

忙しい時などはこの時点で
「Bくんがとって置いたんだからAくん返してあげなさい」
などと、ケンカを終わりにしたくなりますが、実はこの瞬間がとても大切な時なのです。

 

あの子にも「気持ち」があるんだ

保育士が間に入りながらでも、言葉のやりとりをしていくうちに、
「あれ?Bくんは意地悪でとったわけじゃないのかなぁ」
のように、相手の気持ちを感じられるようになってきます。

ケンカをすることで子供が体験する
「あの子はこう思っているのかな?」
ということが、心の発達にとても大切なことです。

この瞬間に「社会性」が育っているのです。

自分の思いと相手の思いは、それぞれ違う形で存在します。
自分がとって置いたつもりのブロックだけど、相手にはそれは伝わっていなくて、相手もものすごく使いたい気持ちだった。
僕が使えると思ったブロックだけど、実は自分用に取り分けて置いたものだった。

それぞれの頭の中にある「思い」「気持ち」という形のないものにだんだんと気がついていけるわけです。

 

3歳くらいならば、ここまでで十分です。
解決方法は保育士が提案してあげて構いません。
その時その時で答えは違ってくると思います。
Bくんの「とって置いた」を尊重するのか、Aくんの「わからなかった」を尊重するのかを一緒に考えていけますね。

そこから年齢が上がってきたら、自分たちで答えを探させるのも一つの手です。

 

みんなの意見も聞いてみよう

ケンカの着地点は必ずしも「ケンカ両成敗」ではないかもしれません。
どちらかが我慢しなければならない時もあります。
保育士も迷ってしまう場面があると思います。

そんな時は周りの子供達にも考えてもらいましょう。
その時は「どうするべき」という聞き方は避けます。

「どうしたらより良い解決ができるだろうか」
という聞き方にしてください。

何故ならば、答えによってはどちらかの子を責める形になってしまうからです。
大切なのは「こうあるべき」という模範回答ではなくて「今どうすればいいか」という知恵を出し合うことです。

子供たちの視点はとても面白いものです。

  • 二人で一緒にブロックで作ればいい
  • そのブロックがなくても作れるものを考えればいい
  • 俺のブロックを分けてあげる
  • 二人とも使いたいなら、二人とも我慢すればいい

思いつかないような答えが出てくるはずです。
そしてこの周りの子も一緒に考えるという行動は、何か会った時にただの傍観者にならないための経験にもなります。

将来目の前で何かが起こった時に、一緒に考えることができる。そんな子に育って欲しいですね。

 

ケンカをチャンスにしましょう

いかがでしたか?

あなたのケンカの対応と何か違っていましたか?

大きな怪我をさせなければ、どんな対応が正解ということはありません。
でも、そのケンカが子供が成長するチャンスだととらえると、見方が変わってきませんか?

 

明日からの保育にぜひ活かしてくださいね。

保育士の求人
保育士の口コミ
保育士の求人
保育士の口コミ