明日から使える!保育園のことばあそび


保育園でできる、簡単なことばあそびをご紹介します♪
明日から使える、簡単なあそびばかりです。

ことばあそびは、子どもたちの語彙力を増やすことにも繋がります。
また、想像することで脳の活性化にもなるので、ぜひ試してみてくださいね。

1.反対から読むとな~に?

保育士が、2~4文字の単語を逆さから言います。
子どもたちに、その言葉を反対から読むと何になるかを答えてもらいます。

例えば・・・

  • スイ → いす
  • ラクサ→さくら
  • イセンセ→せんせい

文字数が多いと難しいので、4文字くらいまでにしましょう。

保育園・幼稚園で身近にあるものや、子どもたちの名前も良いですね。
また、人気のキャラクターなどを問題にすると盛り上がります!

 

2.この動物な~んだ?

保育士は、動物の鳴き声やの真似をします。
その動物が何かを当てるというシンプルなあそびです。

例えば・・・

  • ガオー → ライオン
  • ワンワン → 犬
  • ぴょんぴょん → うさぎ・かえる

「ぴょんぴょん」は鳴き声ではないですね。
音を表現するのも良いと思います。

色んな答えが出るので、盛り上がりますよ。
簡単なので、子どもたちから保育士に代わってクイズを出すこともできますね。
先生になったような気分で、喜ぶ子もいるのでおすすめです。

 

3.○○色のもの、な~んだ?

保育士が言った色の物を連想して挙げていくあそびです。

例えば・・・

  • 赤色 → りんご、トマト、消防車
  • 黄色 → レモン、たんぽぽ
  • ピンク色 → さくら、もも

慣れてくると、「色+条件」でお題を考えます。

「赤い食べ物」「白で、今見えているもの」など限定してみます。
また、「紺色」「紫色」など難しい色にするのもいいですね。

保育士の求人
保育士の口コミ
保育士の求人
保育士の口コミ