保育士さんが覚えておきたい【清潔】のこと


インフルエンザが流行中のこの季節。

手洗いやうがいだけでなく、
「清潔」にかかわる指導内容を知り、
子どもの発達による、清潔にまつわる保育の変化を理解しましょう。

 清潔が心地よいことを理解させる

清潔であることは、身だしなみの問題ばかりではなく、
病気の予防につながり、
健康に生活するためには欠かせないものであることを
子どもたちに伝える必要があります。

そのために保育士は、日常で清潔さを保つための習慣を指導します。

保育の中で、こまめなうがいや手洗い、
食後の歯磨きなどで、清潔の心地よさを子どもたちに味わわせます。

そのためには、不潔な状態が不快であることを体験させることも必要です。

オムツの濡れや、
砂遊びで衣服や体が汚れてしまうことから
「気持ち悪い」という感覚を把握させて、
体や衣服を清潔にすることが
「気持ちよい」と思えるようにすることで、
子どもが自ら清潔にするための行動を実行できるようにします。

 清潔にかかわる発達の流れ

0歳 おむつや肌着の濡れなどの「不潔」で、不快感を覚える。

1~2歳 汗や泥などで汚れた体や衣服を、保育士の援助で清潔にする。

3歳 帰宅後や食事の前に手を洗い、鼻を自分でかめるようになる。

4歳 歯磨きや着替えを自分から率先しておこなう。

5歳~ 掃除や片づけなど。身の回りの清潔にも気づかうようになる。

 清潔における保育のポイント

◇清潔の心地よさ(2カ月~)

沐浴や清拭(濡れたタオルなどで体をふくこと)で全身を清潔にして、
それが心地よいことを体感させます。

 ◇手洗い(1歳~)

袖をまくり、石鹸を泡立てて丁寧に洗うことを教えます。
泡を流し終えたら、自分のタオルで手をふくように指導します。

 ◇うがい(1歳~)

水を飲まずにのどにとどめる指導から、
頬を膨らませる「ブクブクうがい」、
のどで音を立てる「ガラガラうがい」へと導きます。

 ◇歯磨き(3歳)

歯ブラシをえんぴつ持ちにして、
3分以上磨く練習をします。
仕上げ磨きをする場合、磨き残しの多い裏面や歯間を磨きます。

 ◇鼻をかむ(2~3歳)

鼻から息を出すことを意識させるのが第一歩。
嫌がる子には、鼻水が出ているのを鏡で見せて
「きれいにしよう」と指導します。

 ◇掃除・片付け(4~6歳)

食事の前など、きっかけを作って
掃除や片づけの習慣をつけます。
班に分けて役割分担を与えて、すみやかに行動させます。
 

このように、発達にあわせて伝えてみましょう。

清潔にすることは、子ども達の健康にも繋がります。
子ども達と健やかで気持ちの良い生活を送りましょう。

 

保育士の求人
保育士の口コミ
保育士の求人
保育士の口コミ